踊るIoTとAI

こんにちは。いつも誠にありがとうございます。ハリコム社員です。


このところ、IoTやAIの活字が本格的に躍動しており、今まではその黎明期であったものが、かなり本格的になってきたように思います。


弊社の検出機は、製品やマテリアルに混入する異物を検知したり、あるまじき段差を検知したりと、周波を用いてミクロなものを検知してきました。





今後、人間が介入せずとも、連鎖的に機器が動くようになります。今まで人間が行って

いたことも、ますますロボットが行うことと思います。


弊社はその一連の流れにおいて、IoTに組み込むべき機器の1つです。


原材料からマテリアル素材が出来上がるまでの間に、弊社の異物を検知する技術がとても重要であるからです。


そもそも、弊社は人間ではできないことを長年やってきた歴史と言えます。




たまに聞かれることがございます。御社の機器はどのような時に使われるのですか?と。


そのような時、


「赤ちゃんの洋服にちょっとでも何か、危ない鉄屑が入っていたらどうしましょうか?」

「新しい家電に傷がついていたらどうしましょうか?」


そんなことはあり得ない、と思う方も多いかもしれませんが、結果的に、それは安全な製品作りに、弊社のような機器が活躍しているためです。人間では見つけることができないのです。


またはこう答えています。


「ビンは飲み物がなくなったら捨てて、綺麗に洗って余計な大なり小なりの金属を検知して除去し、砕いてたら、リサイクルできます。その際に弊社の機器が必要なのです」と。それは到底、人間では見つけることができないのです。


今後、ますます必要となるこの弊社技術を、より良い社会のために役に立てたいと思っています。



日々、精進いたします。